【アイスランド】冬のアイスランドを回ろう!後半戦!国立公園の夕日に涙。

アイスランド
スポンサーリンク

旦那です。リアルタイムではチリ、ボリビアを経てペルーのプーノに来ています。

昨日までいたウユニの町は、3年ほど前に卒業旅行で訪れた町。当時バックパック経験もあまりない男5人で周ったのも今となってはいい思い出。

当時のウユニは英語なんて全然通じなかったけど、かなり英語が通じるようになっていたり、ホットシャワーやwi-fiが改良されていたりと時代の進歩を感じます。

ま、当時覚えたスペイン語なんぞオラ(やあ!)、コスタ(値段は?)、セルベッサ(ビール)、ラピド(早く!)くらいでした。

嫁「どーでもいいことしか覚えてないんだから、もう少し会話になるもの教えてよ」

いやいや!超必須でしょ!!笑

なんて冗談はさておき、話を戻しましょう!今回はアイスランド後半戦。というかほぼ終わりがけ。西部アイスランドを訪れた話。

西アイスランドには超有名なキルキュフェトル山というハリーポッターの「組み分け帽子」のような形をした山がありますが、それだけではない素晴らしい景色が広がっていました!

なんたって西だから日の沈む方ですので、夕日の写真とともにお楽しみください!!

スポンサーリンク

ラウンドトリップ5日目開始!なんと朝からオーロラ!!

アークレイリの宿があまりに安くて素晴らしかったためのんびりしすぎた僕たち四人。しかしこのメンバーみんな飲むこと、飲むこと。ジョージアを旅していた時は全然飲んでなかったYUKIさんもスペイン巡礼を経てなんだかレベルアップしたようにワインをがぶ飲みしてました。

完全に酔っぱらいだった僕とKEIKOさん。広末涼子のモノマネネタをこすり続け、フランス語でKEIKOさんの友人にラインを送り。

あ、もちろんファッション業界のブラックな話(KEIKOさんはパリコレのファッションショーのアシスタントまでする意外と凄い人。ただの酒飲みじゃないです。まじ尊敬してます)や将来のことも交えつつ、二日間も長居してしまいました。僕たちのような専門職は職業柄異職種と関わる機会があまりありません。こうして席を並べてお酒を飲むのは非常に貴重な機会であり、旅のだいご味だなあとも思います。

………

え?なんでそんなのんびりしていたかって?レンタカーも借りてるのに??

ま、完全にスケジューリングミスで時間が余ってしまったんですよね!そうです僕が心配性だったから!!日程に余裕を持ちすぎました。予備日に2日もとっていたくらいなので。※YUKIさんにはそれくらいアイスランドは事故やトラブルが多いので全然いいっすよ!とフォローされましたが…( ;∀;)

冬のアイスランドに行こうと思っている皆さんはリスクヘッジをしつつ、予算と相談して行くようにしてください!!

さて、というわけでそんな居心地抜群だったアークレイリを後にして、次の目的地の西アイスランドを目指します。

アークレイリから西アイスランドまでは約4.5時間の大移動!!

日照時間が短いため朝7:00に出発!!まだ周囲は真っ暗。

YUKIさん「いやーアークレイリ楽しかったっすねえ」

旦那「ですね!!いやあいいところだった」

嫁「私はまだいてもよかったかな」

旦那「いや、そろそろ観光したくないっすか??」

keIKKOさん「まだお酒飲み足りないよ!!」

旦那「いや、どこでも飲めるじゃないですか!!!」

嫁「いやいやいやいやってほんと人のこと否定しかできないんだから!!」

旦那「いや、だってツッコミどころおおいんだもん!!」

YUKIさん「ちょっと!!あれオーロラじゃないっすか!!」

旦那「いや、また雲でしょどうせ!!」※なんでもない雲がすべてオーロラに見えるというアイスランドあるある。

一応停車。じっとみてみる。

オーロラや!!!

曇ってるけど、バッチリ見える。

まるで宇宙。結局時間がないのに1.5時間程写真撮影する僕とYUKIさん。ちなみに、この時も嫁とkeIKKOさんは車から出ませんでした。

急いでさらに西へ。

すっかり道の凍結もなくなり、空も明るくなっていきます。

途中の道で食料を調達します。しかし僕とYUKIさんがオーロラ撮影をしていたため時間がなくてこの日のお昼は抜き。女性陣に謝ってひとまず目的地を目指します。

思ったより「組み分け帽子」のキルキュフェトル山

結局アークレイリを出て6時間。周囲はすでにしっかり明るい。

お、なんだかそれらしいものが??

おお!!やっとついたーーーー!!!

嫁「あ、組み分け帽子ってハリーポッターのね!!」

YUKIさん「なんだと思ってたんすか?」

嫁「組み分けを防止するってなんだろうって思ってたんですよね、ははは」

ははは。さすが嫁。

そんなキルキュフェトルについたのは既に13:00。駐車場に車を停めて小さな滝の上のビュースポットまで歩いていきます。

【キルキュフェトル山駐車場】

キルキュフェトル山の駐車場はマップではこのピンのあたりにあります。大型バスや車が停まっているので すぐにわかります。

ビュースポットは駐車場前の滝の上です。すぐに登れますのでご安心を。滝の上に登ると…

綺麗に見えます!思ったより凛々しい!!

keIKKOさん「でもこれ角度によっては全然わかんないよね、組み分け帽子って」

たしかに、身も蓋もない。サクッと観光して終わりました。

西アイスランドの果て。その夕日は涙モノ。

30分ほど山を写真撮ったりしていた僕たち。東の町に戻るか悩みましたが、まだ明るかったのでせっかくなので西の果てまで行ってみようということでさらに西へ。

よく調べないで行ってみましたが、アイスランドの西は国立公園となっており欧米人なんかには人気で夕日のスポットだとか。

【スニフェルヨークル国立公園】

とりあえずドライブしてみる。名もなき滝。

遠目からみてもアイスランド自然は圧倒的。

日が傾き七色の空に。見たこともない景色が広がる。

滝から帰ろうとすると突然

嫁「あーーーー!!!!●×△◆×××●●」

あ、これは動物がいた時のお決まりのやつですね!

ま、まさかの馬!!!アイスランドホースだ!!滝のほとりにたくさん放牧されていました。

アイスランドの馬は、アイスランドへの移住が始まったころに連れてこられた馬たちが独自の進化を経て独特の見た目になっているとか。特徴的なのはなんといっても

このふさふさの毛!!

そしてデカい!!!

興奮しながらもビビりつつ触る嫁。

嫁「お馬さんかわいいよお」

YUKIさん「お馬さんデカいっすね!」

いつの間にか動物に「さん」を付けるのがスタンダードになっていたアイスランドメンバーでした。

その後さらに西へ。日がどんどん沈んでいきます。

ビュースポットがあったので昇ってみるとすでに日が沈むところ!!

アイスランドの自然には圧倒されるばかり。特にこの国立公園でみた夕日は本当に綺麗でした。

その後は国立公園を周回して車中泊でした。

そしてなんとこの日もしっかりオーロラが!!!!

なんとも贅沢なアイスランドの旅です。

ちょっと更新が雑になってしまってますが、移動があまりに激しくて夫婦ともに疲労困憊です。そろそろ仕事モードの頭に切り替えつつあるのでブログはほどほどにしっかり勉強して帰ります。

旦那

コメント