【アルゼンチン】フィッツロイトレッキングコースと注意点をどこよりもわかりやすくまとめる!

まとめ
スポンサーリンク

旦那です。リアルタイムではエクアドルに別れを告げ、グアテマラに向けて大移動中です。いやー駆け抜けた南米でしたが思い出がいっぱい。旅仲間にも何人も再会できました。仲間っていいなって本当に思います。職場もそうですが、夫婦共々仲良くしてもらってありがたい限り。

というわけで今回はお待ちかね南米登山2本目・北部パタゴニアのハイライトフィッツロイ山トレッキング!!!!

……の、まとめ記事。本編は次回更新します。南米は非常に情報が乏しいので、まとめ記事が欲しいとの要望多数により作成しています。コンスタントリーダーの皆さんにはご迷惑をおかけします。ごめんなさい。

嫁「クレイジースケジュールNo.1だったよ!!」

なんて嫌味を言われまくったフィッツロイトレッキング。今回は

  • フィッツロイ山ってなに?
  • フィッツロイトレッキングコースってどんなものがあるか
  • フィッツロイの天気って本当に読めないの?
  • 実際のコースについて
  • 赤フィッツロイを見る方法

を解説していきます!

スポンサーリンク

北部パタゴニアのハイライト・フィッツロイ山について

フィッツロイ山は北部パタゴニアにある3405mの名峰。皆さんお気づきかもしれませんが、アメリカの有名登山ブランド・パタゴニアのモデルになった山でもあります。

↑これですね!!

フィッツロイは、フィッツロイ山自体に登るわけではなくて、フモトや少し離れた湖でフィッツロイ連峰を観覧するのが一般的です。標高差700m、歩行距離12kmほどの登山のため、難易度はそこまで高くなく日帰りで行くことが十分に可能です。

しかし!!!

フィッツロイの拠点となる町・エルチャルテンは現地の言葉で【煙を吐き出す山】と言う意味だそうで。つまり雲が被っていて山が見える確率が低いことで有名。そのため、いわゆる天気待ちをする必要があったりします。しかも天気予報では雨だけど山は見えたり、晴れだけど山は見えなかったりしてもうこればっかりは運の要素が大きいです。

フィッツロイの拠点はエルチャルテン?エルカラファテ?

フィッツロイの拠点の町はエルチャルテンという町です。お店やスーパーも少なくコンパクトな町ですが、意外と面積は広いです。

エルチャルテンからエルカラファテまではバスや乗り合いバンで3時間半前後で行けます。そのためトレッキングのコースによってはカラファテでもエルチャルテンでも、どちらもトレッキングの拠点にできます。詳しくは後述します。

【エルチャルテンの物価】宿やスーパーの食材など物価はエルカラファテと比較するとやや高め。そのためエルチャルテンに宿泊せず、トレッキングだけしてカラファテへ戻る人も多いです。
【エルチャルテンのアウトドアレンタル】エルチャルテンの街中にはアウトドアショップが数軒あります。僕たちは借りていないので詳細は不明ですが、このショップでアウトドアガジェットをレンタルできるようです。(地図上の通りに点在しています)

フィッツロイトレッキングプラン

いきなり本題です。様々なブログ情報でやや複雑化していますが、クリアカットにまとめます。

【フィッツロイトレッキングはツアー?個人?】フィッツロイはツアーで行く必要はありません。日中ならば道もわかりやすく、迷うことはほぼありませんので個人で十分です。ちなみにフィッツロイはパイネと国立公園と異なり入場料は一切かかりません!!

フィッツロイは以下のビューポイントで観覧することができ、それぞれのビューポイントをつなぐトレッキングコースが一般的です。

大前提として一番フィッツロイ山が近くで見られるのはロストレス湖です。地図のコースを大別すると下の通りになります。

  1. ロストレス湖日帰りコース
  2. ロストレス湖宿泊コース(ポインセノット・テント泊)
  3. カプリ湖and/orフィッツロイ展望台日帰りコース

それぞれについて説明します。

ロストレス湖日帰りコース

ロストレス湖からみるフィッツロイ山。

【登山概要】

  • 歩行距離:12km(登山口-湖)
  • 標高差:700m
  • 所要時間:往復8時間

【特徴】

  • フィッツロイのお膝元であるロストレス湖へ日帰りするコース。
  • キャンプをする必要がないため身軽かつ気軽に参加できる。

【デメリット】

  • 赤フィッツロイ(※詳しくは後述)を見たい場合はコンディションにかかわらずAM 1:00前後にエルチャルテンを出発する必要がある。
  • 登山後、時間帯によってはエルチャルテンで一泊する必要がある。

ロストレス湖宿泊コース(ポインスノット・キャンプ泊)

ポインスノットキャンプサイト。

【登山概要】

  • 歩行距離:12km(登山口-湖)
  • 標高差:700m
  • 所要時間:キャンプサイト→湖 1時間

【特徴】

  • ロストレス湖手前のキャンプサイトで宿泊するコース。
  • キャンプサイトからフィッツロイが見えるので天気をみつつアタックを決められる。
  • 特に赤フィッツロイを見る場合、天気待ちをする際に町まで降りる必要がなく、無料のため、何日でもキャンプ可。

【デメリット】

  • 食料とテント分荷物が増えるので、もちろん登山自体がきつくなる。
  • それなりの装備がないと夜かなり寒い。
  • 時期によってはキャンプサイトがかなり混み合うので場所探しが面倒。

カプリ湖and/orフィッツロイ展望台日帰りコース

カプリ湖から見るフィッツロイ山。

【登山概要】

  • 歩行距離:8km(登山口-湖)
  • 標高差:360m
  • 所要時間:往復4時-5時間

【特徴】

  • エルチャルテンから最も近いビューポイントであるカプリ湖/フィッツロイ展望台を日帰りピストンするルート。
  • 歩行距離が短いためトレッキングの難易度はぐっと簡単になる。
  • カラファテから日帰りで行くこともできるので日程を短縮したい人にもおすすめ。

【デメリット】

  • フィッツロイ山が意外と遠い。

これらの特徴を考慮してコースを決めていきます。

おすすめのコースは??

僕たちのおすすめは②のロストレス湖宿泊プランです。大きな理由としては大きく2つ。

●天気待ちを山頂付近でできる。

キャンプ場からはしっかりフィッツロイをみることができます。アタックをフレキシブルに調整できるのは、コンディションが読めないフィッツロイではかなりのメリットです。下山すると心折れますが、キャンプ場からなら1時間少しで登れますので精神的にも、体力的にも楽です。

●赤フィッツロイアタックが容易

フィッツロイを目指す旅人の中には赤フィッツロイをどうしても見たい!って人がいます(ほぼ日本人しかいないんですが…)。

【赤フィッツロイとは】日の出直前-日の出後数分間、フィッツロイ山が朝焼けで真っ赤に染まる現象。理論的には富士山の赤富士と同じ。朝日に雲がかかっていない、かつフィッツロイに雲がない状況でしか見られないため確率が低いレアキャラ系の景色。僕たちは雲がかかってましたが、こんな感じで赤くなります。

赤フィッツロイも上記ビューポイントで見ることになります。もちろん日の出に合わせて登頂する必要があるためロストレス湖で観覧したい場合は、深夜帯にエルチャルテンを出発しなくては間に合いません。

しかしキャンプサイトに宿泊すれば日の出の1.5時間前にでも出発すれば十分に間に合います。もしもコンディションが悪ければ翌日まで待機して再アタックもできるので自由度はかなり上がります。

…とは言っても、これは完全に個人的な見解になりますのでルートは登山装備がどれだけそろっているか、キャンプ登山に慣れているかに依存すると思ってください。

【夜間のアタック】夜山の経験がない人は日中に一旦頂上まで登りルートを確認しておいた方がベターだと個人的には思います。いかに道がわかりやすいイージーなトレッキングとは言っても登山ですので、夜間の登山は難の危険があることは常に念頭に置いてください。


フィッツロイ山の天気は本当に読めない??

天気はある程度予測できます。最近の山の天気予報は発達してきており、標高別に天気予報を出してくれるウェブサイトがあります。

リンク:フィッツロイ山標高別天気予報(英)

サイトへアクセスすると以下のように予報がでます。例えばロストレス湖の標高は1200mくらいですのでロストレス湖の風速や天気が知りたい場合は画面左の標高指定を1500mくらいに下げましょう。

フィッツロイ山は3375mにカーソルを合わせるとある程度雲の動きがわかります。

しかしこれはあくまで補助的な手段にすぎません。トレッキング中に雨が降るかどうかの予測にはなりますが、フィッツロイが確実に観覧できるかどうかを予測するためのツールではありません。天気予報が雨でもフィッツロイが見られることもあれば、晴れでも曇って観覧できないこともありますのでご容赦ください。

赤フィッツロイを見る方法は??

赤フィッツロイは日の出の直前から直後にかけてしかみることができないレアキャラなことは先ほど述べた通りです。では具体的にそれぞれのプランではどのようにすれば間に合うのかは以下の通りです。

  • ロストレス湖日帰りコース(ロストレス湖で見る場合)

日の出5-6時間前にエルチャルテン出発:日の出6:00→0:00~1:00出発。

  • ロストレス湖宿泊コース(ポインセノット・テント泊)

日の出1.5-2時間前にキャンプサイト出発:日の出6:00→4:00~4:30出発。

  • カプリ湖and/orフィッツロイ展望台日帰りコース

日の出2-3時間前にエルチャルテン出発:日の出6:00→3:00~4:00出発。

フィッツロイコースのモデルプラン

天気の都合があり、僕たちは3回山頂にアタックしたのそれぞれレコードをモデルプラントして別記事に書き起こします。おまちください。

フィッツロイトレッキングの持ち物と注意点

持ち物リスト

【日帰り持ち物】

  • バックパック
  • 水1L前後
  • 補食
  • サングラス
  • 日焼け止め
  • 帽子
  • 羽織るもの

一般的な山登りと同じですが、フィッツロイは風が強いことで有名な地区です。ロストレス湖まで行く場合はかなり冷え込み、風により体感温度が下がるのできちんと着込めるものを持っていくことをお勧めします!

【キャンプ】

  • バックパック
  • 水1L前後
  • 補食
  • サングラス
  • 日焼け止め
  • 帽子
  • 羽織るもの
  • 寝袋
  • テント(耐水圧性能推奨)
  • 滞在日数分の食料
  • バーナー
  • ガス缶(エルチャルテンでもカラファテでも入手可)
  • 水汲み用の水筒もしくは大きめのペットボトル

もちろん宿泊の場合はかなり荷物が増えます。標高が低いのでクランポンやアイスアックスは不要です。

【キャンプサイト内の川】一応飲水可となっています。キャンプサイトにも記載があり自由に汲んで飲んでも大丈夫ですが、医師の立場としては積極的に推奨できません。川の水を直接飲むときは自己責任でお願いします。僕たちは煮沸して飲んでいました。

フィッツロイの注意点

なによりもオンシーズンでも頂上付近はかなり冷え込みます。特にロストレス湖周辺での朝日待ちの間は風も強いため、なかなか過酷な環境で待機する必要があります。アイスランドで使用したmax防寒でも手足がかなり冷えました。山頂にいた欧米人の中には、寝袋を持ってきていた人もいました。それくらい寒いので十分に準備していってください!

アウトドア用品のレンタルについてですが、アウトドアショップでやっているようです。僕たちはすべてガジェットを持っていたのでレンタルしていないため詳細はわかりません。ごめんなさい。ちなみにアウトドアショップはエルチャルテンのメインストリートに点在しており、英語も通じるショップが多かったので何かあったら相談してみてください。

何か質問があったらコメントもしくは問い合わせからどうぞ!

旦那

コメント