【ザンビア】乾季のビクトリアの滝、ザンビアから見るかジンバブエから見るか。

ザンビア
スポンサーリンク

旦那です。リアルタイムではポーランドのクラクフにいます。

ブダペストの日本人宿、【アンダンテホステル】が最高すぎて更新が遅れました。

エジプトぶりにMなぶさんと再会し。

JoさんからTOKAIワインをいただき。

オーナーのKねこさんからはおにぎりを握ってもらい、ポーランドへ抜けました。いや、ほんと最高の宿なので皆さんぜひご利用ください。

さて、ビクトリアの滝、後編。前回記事ではデビルズプールの行き方と予約方法について書きました!詳しくはこちらを参照ください。

【ザンビア】世界三大瀑布ビクトリアの滝。滝で泳いで絶体絶命?!
乾季のザンビアのハイライトであるデビルズプール。格安の予約方法と行き方、実際の様子を解説します。1日でデビルズプールからジンバブエサイドの観光も可能です!

そして今回はデビルズプール終了後向かったジンバブエサイドの滝について。

・ユニビザを持っていない場合のザンビア-ジンバブエの往復方法

・乾季のジンバブエサイドとザンビアサイドの滝の違い

デビルズを終えてからでも、ジンバブエ側まで観光することは十分に可能ですのでご心配なく!行きましょう。

スポンサーリンク

デビルズプールから弾丸でビクトリアフォールズを回る!

滝の解説付きでエントランスまで帰る。結局全工程が終わったのは14:00くらいでした。

既に入場料は支払っているため、このままザンビアサイドの滝を眺めることもできたのですが、ホテルであった滝を見てきた人たちは口を揃えて言います。

「乾季のビクトリアの滝は、ジンバブエでみないと意味がない」

またまたそんなこと言っても大丈夫でしょ!と僕たちもそこそこ強気でいたのですが、いざ行ってみるとこんな感じ。

お、おお。びみょー。

と言うわけで、お金はかかりますがジンバブエサイドへ行くことに!

ジンバブエ国境とザンビアのビザ問題

ジンバブエサイドのビクトリアの滝をみるためには、当然ですが一旦ザンビアを出国しジンバブエへ入国する必要があります。

ザンビアのチケットオフィスからジンバブエのイミグレーションオフィスまでは思っているよりも遠くて2kmほどあります。

【ザンビアゲート-ジンバブエ国境間】

さっそく移動します。まずはザンビアのイミグレで出国手続をします。

ザンビアのシングルエントリービザのみしかない場合で、ジンバブエ-ザンビアを日帰り往復する際、2つの方法があります。

・ジンバブエのシングルビザ20$を取得し入国、観光終了後通常通りジンバブエ出国。ザンビアで日帰りの旨を伝え30$でシングルビザ入手し入国(通常ならシングルザンビアビザは50$)。
・ジンバブエでユニビザ50$を取得する。

どちらもザンビア出国時に特別な手続きは不要です。いずれにせよ50$で往復できます。

結局、同じ金額であることを考慮すると、後者のユニビザ選択になりそうな気がします。

【ザンビアシングルビザのジンバブエ日帰り観光】ジンバブエボーダーでユニビザ50$を取得するのが一番簡単。

出国後はひたすら歩きます。タクシーもありますが、値段はわかりません。

思っているよりも遠いので速足でいきます。

しかしザンビアは暑い!!デビルズプールでもペットボトルの飲料水をもらえますが、別に水を持っていくことを本気でおススメします。

橋をこえるともうすぐイミグレーション!チケットオフィスから30分かけてようやく到着しました。

ジンバブエのイミグレでユニビザを取得。東の陸路国境でもユニビザとれるようにすればいいのに…。50$を支払うとすぐに発行してもらえます。

そしてあっけなくジンバブエに入国!!!

その後しばらく歩くと滝のエントランスがありますのでそこで入場券が買えます。

入場料30$。高い!!

ザンビアはカードは使えないけど、ジンバブエ側の入場料はカードで支払えました。しかも手数料は無料でした。

いよいよジンバブエサイドのビクトリアの滝に入園!

これが三大瀑布の実力!!ジンバブエサイドで見るビクトリアの滝

ジンバブエ側のビクトリアの滝はビューポイントにナンバーが振ってあります。確か1番から17番くらいまであった気が…。

しかしこの看板?というか標識がほんっとわかりにくい。

結局僕たちは1番から16番まで歩いて回りました。17番は疲れていかず。笑

どこから回っていいのかもわからずさまよっていると

嫁「みて!!滝!!!」

おー!すげー迫力!!!

ちょっと、ザンビア側と違いすぎません?!

そしてようやく看板をみてビューポイントを発見しました。

超有名なデビルズカタラクト。

勢いがすごい!!

そしてメインフォールズ。こちらもすごい迫力!

でも水煙がすごすぎる。PENTAXで世界一周にきて本当によかったと思った一日でした。

水滴がすごくてカメラにビニール袋をかぶせて写真撮影している人もいるくらいでした。

fawltyで出会ったメンバーたちと夕飯の約束があったため、その後30分程速足で公園内を回ります。

しかしさすがに疲れた!!!結局リビングストン島が見える16番まで行って、疲れ果てて帰りました。ジンバブエサイドは、写真をゆっくり撮っても1-2時間あれば超余裕で回りきれると思います。

ザンビアサイドからリビングストンへ!

その後ジンバブエの滝の入り口にあるwi-fiの使えるカフェでYASUと集合してリビングストンへ帰ることに。

現金の持ち合わせがなくて水も切らしてしまった僕たち。このカフェならカードが使用できるのでソッコーでコーラを買いに行く嫁。

嫁「いやー至福のいっぱいだよね、カラカラの時のコーラ!!」

旦那「いくらしたのそれ?」

嫁「3ジンバブエドルだよ?安いでしょ」

YASU「え?3ジンバブエドルなら1円ですよ!ありえるんすか?!」

旦那「レシートに3アメリカドルって書いてある気がするんだけど」

嫁「またまた~。だってそれじゃあ330円じゃん。日本より高いよ!」

もちろん3アメリカドル。1円/1mLの超高級コーラ、ごちそうさまでした!!!

wi-fiをつないですこし休憩して、ザンビア国境まで歩いて戻ります。

ジンバブエ出国は本当に一瞬。滞在時間1時間で終わりました。笑

ザンビア国境ではユニビザを持っていれば通常通り入国。日帰りならば、再度ザンビアシングルエントリービザを30ドルで発行してもらいます。

ザンビアのチケットオフィスを超えてリビングストン方向へ20mくらい進むとタクシー乗り場があります。

タクシーは1人20クワチャで合計60クワチャ(570円)。どのタクシーも固定金額でした。

宿に戻って日本人のみんなと、イギリス人のDイジーとお食事タイム!!

ザンビアの白米はとても美味しい。そして嫁の自炊・炊飯技術が非常に高くなっていてびっくりします。

そしてこれだけみっちり食事を用意しても1人当たり200円くらい。久々に日本食をしっかり食べて元気になりました!

しかし僕たちがfawltyにいた時にいたメンバーたちの話がぶっ飛びすぎていました。

Tいが、Rくの大学生2人組は余りにもお金がなくてアメリカで路上ミュージシャン活動をして旅をつづけたり、ATMで引き出し金額を間違え全財産をザンビアクワチャで降ろしてしまったり。

YASUはYASUでマラリアの予防内服と言われてもらった薬がクロロキン(近年マラリアのクロロキン耐性化が問題となっており、特にアフリカはクロロキンが無効なマラリアが多く推奨されません!)だったり。

何事もなく旅をできていて本当に幸せだなあと思いました。いよいよアメリカ大陸を残すのみとなってしまいましたが、このまま安全に旅を続けていきます。

 

コメント