【タイ】terminal 21でKEENを買う。世界一周中にクレジットカードを止められたら。

タイ
スポンサーリンク

旦那です。記事の続きです。目次が大変なことになりそうだったので記事を分けてます笑
さて無事にバンコクについた私たち夫婦ですが、
タイは思い切ったno planです!!!!!離島に行くことは決めていましたが、あとは雰囲気で過ごすことにしました。

スポンサーリンク

嫁クレジットカードを止められる

タイトルのままです。さすがの嫁でもあたふたしました。

世界一周中に、突然クレジットカードがとめられてしまった!!

そんなことめったにないのですが、原因と対処法についてお話します。

ことの始まりはバンコクに到着して、ATMでキャッシングをしたときでした。僕たちはいつも通りできるだけ引出手数料が安いATMを探してカオサン通りをさまよっていました。

バンコクのATMはどこも引き出し手数料が高いです。最安でも200B(650円程度)でした。どなたか安いの知っていたら教えてください涙。僕はスムースに現金を引きだせたのですが、なかなか奥さんが戻ってきません。

あまりにも時間がかかるので様子を見に行くと

「カードが使えない」

と今にも死にそうな顔でいました。僕たちは基本的に現金を持ち歩かずATMキャッシングで世界一周している夫婦です。そのためクレジットカードは生命線になっています。使えなくなると帰国せざるを得ません。
※今回の旅行は結婚する前の貯金で行っているので、基本的に別口座で会計しています。

しかも奥さんは苗字が変わり仕事を辞めた都合もあり、クレジットカードを一旦全部書き換え無職にしてしまったことからキャッシング限度額も最低額まで引き下げられている状況でした。

もちろん奥様もクレジットカードを数枚持ってきているのですが、なぜか楽天カードでしかキャッシングできず、なんとかやりくりしていたわけです。※そもそもなぜ嫁が海外キャッシングのついたクレジットカードを持ってきていないかというと、僕がいうのを忘れていたのです。

翌日、日本から両親にクレジットカード会社に連絡してもらったところ、
「海外を転々として利用地域が変わっているため、不正利用の可能性があると判断しご利用を止めさせてもらっています」
とのことでした。

そんなこと言ったらパッカーたちはみんなクレジットカードはいったん止められてしまいます。しかし海外はスキミング(クレジットカードの情報を盗用すること)被害が多発していたりしますので、仕方ない気もするんですねむずかしい。

結局

本人が電話でカード会社に直接電話しなくては復旧させられない

ということでした!

しかしトラブル発生。まず我々は携帯電話を番号保管にして回線遮断している(スマホ維持費を月額500円に節約するため)ため電話をもっていないことからホテルに電話を貸してくれるように依頼しましたが、ホテルが電話をかしてくれないんです!色々理由をつけて断ってきます。

カオサン通りに公衆電話があると言われ探しにいっても、どこにもない、誰に聞いてもわからない。困り果てた我々は、カオサン通りの道端の旅行会社に電話を貸してもらえないか相談しに行きました。

店員さんはよくわからなそうな顔をしていましたのであきらめかけていましたが、話を聞いていた片言の日本語を話せるタイ人のおじさん(店員ではない)がなぜか

「僕のiPhoneでかけていいよ」

とすっと自分の電話を貸してくれました。いくらかかるかわからない国際電話ですが、携帯電話をさっと渡せる優しさ。自分にはできないかもしれません。我々が困っているのを見てか、日本人を信用してなのかはわかりませんが、本当にありがたかったです。嫁は泣いていました。

結果的にこの電話のおかげで無事にクレジットカードは復旧しました。助かりました。

しかし困ったことに、

今後も利用を止める場合がございますので、その際は同様に電話をください。

とのこと。ありがたいのですが、なかなか大変です。次は焦らないように速やかに電話します。笑

旦那靴を買う

さて、無事にクレジットカードが復旧したので、いよいよバンコクの街に繰り出します。僕は今回のバンコクでどうしても手に入れなくてはいけないものがありました。

それはです。

いや、靴は持ってるんですけど思いのほか履きつぶれていてしまっていたのです。旅に行く際の靴は絶対に履きなれたものがいいです。

しかし、僕の場合は履きつぶした靴すぎました笑

僕はアメリカのアウトドアブランドのKEENのサンダルが好きでずっとはいています。今回履いてきたのも、大学4年生(22歳)から丸4年履いたサンダルでした。

IMG_1618

ネパールもドイツもスイスも、イタリアも、南米も、インドネシアの離島もタイの離島も全部こいつと旅をしてきました。人生で一番長い時間僕の足を支えてくれていた相棒でした。今回の世界一周もこいつで乗り切る予定だったんです。

しかし、サパで異変に気づきました。

この靴やたら滑ります。

雨が降るとカーリングみたいになって坂道が降りられません。

IMG_1619

底はこんなになっていました。かかとの部分も縫い目が切れてもはや便所スリッパみたいになりつつありました。でも履けると思って何度も直しました。

IMG_1030

ベトナムではわざわざ縫い針を買って、持ってきた滅菌1-0絹糸で縫合しました。

しかし限界でした。あと10か月の旅には耐えられないと思い、ついに購入することを決意しました。今後の旅程において、バンコクを逃すとアメリカまでKEENの取り扱いショップがないことからバンコク入手を目指しました。

バンコクにはなんでもそろいます。その中心がバンコクのアソーク asokにあるterminal 21です。

しかし、カオサン通りからバンコク中心地までのアクセスはなれないと非常に大変です。トゥクトゥクで250B(800円)、今考えればめっちゃ高いのですが30分ほどかけてようやく到着しました。

そしてようやく手に入れました
IMG_1620

無事に手に入ってよかった!!

パッカーの皆さん。必要なものはすべてバンコクで手に入りますので、忘れ物をしたらここで揃えましょう!

terminal 21のフードコート最強説

無事に買い物も終わり、腹ごしらえをします。
先にいっておきますが、terminal 21のフードコートはバンコク最強です!
安い、うまい、早い。
パッカー食のessential三拍子そろっています。

IMG_1617

物価の高いバンコクでこれでなんと50B(180円)。熱いです。
しかしすごい人なので席確保が大変なんですけどね。。。

IMG_1616

terminal 21の5階の奥にあります。夜もやっているので食費に困ったらぜひ利用してみてください。
僕たちもバンコクの滞在で計3回利用しました。笑

この日は靴を買って、ご飯を食べてカオサン通りに戻り一日が終わりました。早いです。

しかし、しみじみと。

国を超えて旅をしていると、日本人のイメージの良さに助けられることが度々あります。先輩旅行者達のマナーの良さであったり、日本人の態度や心は世界に誇るべきものだとしみじみ感じます。

日本に生まれてよかったと思うのと同時に、自分達もより日本のイメージをよくできるような旅人でありたいと思います。

おやすみなさい。

旦那

補足:terminal 21への行き方

terminal 21はBTS asok駅から直結しているショッピングモールです。

カオサン通りからのアクセス方法は
①タクシーやトゥクトゥクで直接行く(交渉)
②2番バスで行く(6.5B)
③カオサンから最も近いBTS パヤタイ(Phaya Thai)駅までバスで出て、そこからBTSにのりAsok駅で降りる(40Bくらい)
④歩く(無料)

があります。④でもいいですが、8km離れている+タイはいつでも暑いのでお勧めしかねます笑

①は僕たちが行くときに使った手段ですが、底値は200B前後な印象でした。クレジットカード騒動で正直あまり調べられていなかったのであまり交渉もできずに挑んだのがミスでした。

③BTSとはバンコクに張り巡らされたモノレールのような鉄道です。移動費用は30B-45B(100円-150円)程度でバスと比較するとやや高い印象ですが、快適に移動できます!!
しかしカオサンから問題になるのは最寄駅がめちゃめちゃ遠いことです。

最寄りのBTS駅まで4kmくらいあります。そして意外と移動費用がかさみます。乗り放題券も140B(450円)で販売されていますが、乗り降りが激しくない限りは元は取りにくいです。
結局一番楽で安価なのは②だと思います。

道路状況にもよりますが、カオサン-terminal 21は20分もあれば着くし、あとはなにより6.5B(25円くらい)とめちゃめちゃ安いです。しかも2番バスにのれば、Asokまで乗換なしでいける上に24時間運転しています(2018年6月現在)。

※注意点としてバンコクのバスは何種類かありますが、エアコンのないバスが中にはあります。特に赤いバスです。2番バスはこのエアコンなしが多いです。エアコンのついていないバスは安いですが、止まるとめちゃめちゃ暑いのです。道路状況によっては乗車時間が長時間になる恐れがあるため、水を買って乗るのもありだと思いますよ!!

IMG_1659

IMG_1658

バスに乗り込むと写真の白い服の添乗員が集金にきます。赤なら6.5Bと決まっているのでお金を渡すと切符を切ってくれます。この時にどこで降りたいか伝えておくと、近づくと知らせてくれます。

あとは乗っておくだけでいいんです。楽ちんでしょう??

ちなみにバンコクのバスは降ろしてくれるところはもちろん教えてくれることもないし、車内掲示板・アナウンスがあるわけではないのでgoogle mapやmapsmeをあらかじめ読み込んでおくことをお勧めします。

コメント