【エジプト】世界一安い!!ダハブでダイビングライセンスを取得!

エジプト
スポンサーリンク

嫁です。

現在はカンボジアで出会ったMきさんに会いにマラウィにいます。

Mきさんのおかげで、マラウィの街の人々や子どもたちと触れ合い、青年海外協力隊の方たちの貴重なお話を聞くことができ、充実した日々を送っています。

今回はエジプトのダハブでの生活を日記形式で振り返っていこうと思います。

ダハブとは?エジプトの東部、シナイ半島に位置するダイビングスポットとして有名な場所!

そして世界で最も安くダイビングライセンスが取得できる街。

ダハブに到着したのは夜だったけれど、翌日海岸をお散歩してびっくり。

本当に真っ青。

 

IMG_7247

旦那とはタイやインドネシアいくつかのビーチリゾートへ行っているけれど、こんなにも真っ青な海はなかなかない。

「ビーチだね!ビーチ!ビーチ沿いのカフェでのんびりしたいなぁ♪」

とのんきな私の隣で

「早くダイビングライセンス取って、潜りたいわー」

そうだった。ここに来た理由の一つとして…夫婦でダイビングのライセンスを取得するという目的があったのです。

確かに、タイのタオ島でのファンダイブは楽しかった。

けどあのときは、プロのお姉さんが後ろから色々やってくれてたから安心できたし、正直泳ぎも得意でなく、なんなら水が怖い。

…なんてことは旦那の耳には届かず。

宿のスタッフ「何泊する?ダイビングのライセンスは取る?」

旦那「(速攻で)yes!!!」

いうわけで、ライセンス取得へ向けたダイビング特訓の日々が始まったのでした。 

オープンライセンス210ドル、アドバンスライセンス350ドル。

 

スポンサーリンク

《1日目》seven heavenでダイビング講習開始!

日本人の集まる宿【Seven Heaven】では2030人近くの日本人が滞在。

(徐々にチェックアウトをしていき最後には10人を切っていました)

ダイビングライセンスを取得する大学生や旅人、既に取得済みでダイビングを楽しみにきている旅人、ダイビングは話を聞くだけで怖いからビーチでのんびり♪する大学生や旅人、皆さんさまざまなビーチライフを送っています。

☆Seven Heaven のWi-Fi情報☆

レセプションのみ弱々しく使用可

早速、講習のビデオがスタート。

噂では聞いていたけれど、部屋が暑い!ビデオ長い!(結局4時間)

むむむ。そして、私の体が怠い。熱い。おかしいぞ。

旦那「熱中症?それともダイビングの拒絶反応?」

とりあえず体を冷やして経過観察。

午後には海での簡単なテスト。

余った時間はWi-Fiのあるカフェを求めて【everyday cafe old】へ。

目の前の景色は真っ青な海。綺麗だなぁ。

 

IMG_6424

FullSizeRender

後日cafeを訪れたときにはほとんどWi-Fiは使えず。日によってムラがあるよう。

 

《2日目》いよいよダイビング開始!思ったよりスパルタ指導…

午前中からダイビングの講習開始。

初めてボンベを背負って潜ります。

私たちの担当H先生は海の中ではスパルタ

海中でマスクやレギュレーター(口に加えているやつ)の着脱をするのだがこれが私にとっては罰ゲームかと思うほど恐怖。

世界一周の旅が始まってマトン料理しかないモンゴルツアー、45日のネパールでのトレッキング、地獄の門での野宿、世界一過酷と言われるダナキルツアー、様々な過酷か⁈と思われるものを乗り越えてきたが、断トツで今回の講習がナンバーワン。 

もはや水深10m近くの海底でマスクを外して15m程泳ぎ、再度マスクをつけたそのマスクの中は涙目

夜は旦那がご褒美(ではないか)にお魚が食べられるレストランへ連れて行ってくれました。

ピザとお魚を注文して1人約600円の晩御飯。

ビーチ沿いのレストランは少しお値段高めですが、お兄ちゃんが気持ち安くしてくれました。

さらにライスにチャパティにサラダにスープまで付けてくれて満腹♪

ダハブのひとは優しい!

《3日目》嫁、腎盂腎炎になる。ダイビング一旦休止。

ダイビング後、めまいとふらつきでダウン。

検温してみると38.5℃。むむむ。

心配したインストラクターのH先生が「医者に行ってOKをもらわないとダイビングはいかん!」と言います。隣には日本のドクターいるのに

というわけで街医者にかからざるおえなくなったのです。

少し専門的な話になりますが、旦那曰く腎盂腎炎の可能性が高いと。ここしばらく移動が続いており、トイレに満足に行けず、おふろにも入れない日も多々あったことによるかなあとも思っていました。

旅中に意識すべき病気については旦那が後日まとめていますので、そちらを参照ください。

病院を受診しても、英語で医療用語が飛び交う。ちんぷんかんぷんな私にとって、旦那の存在はとてもありがたかったです。

結局お薬を買って、2週間内服することになりました。発熱していたため、この日のダイビング講習はお休みでした。

《4日目》体調不良でダイビング休止。近くのパン屋さんへ。

この日は私の体調を考慮して、H先生からダイビングお休み命令。

旦那と近くのパン屋さん【GERMAN BAKERY】でのんびり過ごしました。

シナモンロール15エジプトポンド(約90円)でとっても美味しい!

Nずみくんからの紹介で、日本人女性Cひろさんとも出会い、結果的にこの後タンザニアを終えるまで3人で一緒に旅をすることになりました。

《5日目》解熱!!そしてダイビング再開!

ダイビング再開。私は11本という条件付きでライセンス講習可の許可が。

私はオープンまで、旦那は予定通りアドバンスまで頑張ることになりました。

お昼は毎日宿の前の通りに来るコシャリ屋さんでコシャリを。

コシャリとはお米、お豆、パスタやマカロニをミックスし、トマトベースに味付けされたエジプトの国民食。

15エジプトポンド(93円)で結構ボリュームがあり、2人とも食べ切らないほど!

コスパの良いランチです。講習の休憩時間でもさっと食べられるので便利。

仲良くなった日本人たちがチェックアウトをする日は決まってみんなでディナー。

この日は海沿いの【Arazin】で1/4バーベキュー 45エジプトポンド(280円)を。

(グリルフィッシュも60エジプトポンド(375円)と格安で美味しい)

↑グリルフィッシュ

そしてみんなでバス停までお見送りです。

出会いの数だけ別れがあり、仲良くなった分だけ別れが寂しくなりますね。

《6日目》オープンウォーター終了!旦那はアドバンスへ。

私は昨日でオープンライセンスを無事取得し、旦那のアドバンスコースが開始。

すっかり体調が戻った私は 1人でお散歩がてら病院へ。(旦那曰く必要なしだが、ドクターから最後に来いと言われてしまった&保険がおりる用紙にサインをもらうため)

案の定問題なし!

そして帰り道にカイロ行きのチケットの購入へ。予定では2日後。

ダハブからカイロ行きのバス会社はGo busEast delta2社がある。

私たちはお値段の安いEast delta社の22時発170エジプトポンド(1055円)にしました。

【East delta(to cairo)】

《7日目》ダイビング最終日!ようやくライセンス取得!!!!

旦那はアドバンス講習の最終日。

最後はブルーホールというダハブでは有名なダイビングスポットへ。

私はブルーホールのシュノーケルツアーに参加。

宿で予約して70エジプトポンド(440円)、移動+シュノーケルセット代込み。

この日はダイビング組6+シュノーケル組4人で、朝9時にボンベやらの機材一式を乗せた軽トラックで出発。

ビーチ沿いのカフェのひとテーブルを貸し切り、休憩所+ランチ(自由に選べて、わたしはトマトパスタ40エジプトポンド)となります。

ダイビング組が次々と潜って行くの見送り、私たちはぱしゃぱしゃとシュノーケル開始です。

海が綺麗なのはもちろん、魚やサンゴの種類が豊富でびっくり!

魚の名前をたくさん知っていたら、きっともっと楽しめるのだろうな〜。

シュノーケルでも十分に見えます。なんならダイビング組の様子を上から見ていました。

透明度が高いため旦那たちの様子がよく見え、10m程しか潜っていないのかな?なんて思っていましたが、実際は30m近くまで潜っていたそう。

それくらい先が綺麗に見えるのです。

そして明日で長らくお世話になったSeven Heavenともお別れ。

実は私たち、併設されているレストランのシェフからとても良くしていただいておりました。

いつもお水を預けておくと キンキンに冷蔵庫に冷やしておいてくれたり♪メニューにはない5エジプトポンド(30円)サンドイッチを朝ごはんに作ってもらったり♪

(皆さんも5ポンドサンドイッチ!と言ってみてください😊)

おそらく毎日ここで何かしら注文していたからでしょう♪ 

ちなみにオススメはマンゴーシェイク25エジプトポンド(160円)!

ダイビング後には毎日2人で飲んでいました!

ピザやパスタはボリュミーで2人で1つで十分なほど!

私はコンフレーク、フルーツヨーグルト(breakfastメニューにありますがいつでも注文できます)とパンケーキがお気に入りでした。

《8日目》さよならダハブ!そしてカイロへ!

久しぶりに朝から2人揃ってのんびり♪

本日でチェックアウトのメンバー4人で【everyday cafe new】で美味しいと有名なチーズケーキを食べに。

海を眺めながらの美味しいチーズケーキ。30エジプトポンド(約310円)。

幸せだ~。

確かに美味しい!

ずっと隣にいた猫ちゃん。

そして最後の夕食はお決まりの【King Chiken】でみんなの大好きなモロヘイヤスープ!

スープは日替わりですが、店員さんに「モロヘイヤスープ!」と連呼すれば、モロヘイヤスープが出てきます。笑

他のお店にもあるのですが、ここのモロヘイヤスープが一番絶品!

紹介が遅くなりましたが【King Chiken】は安い‼量が多い‼美味しい‼の三拍子‼

1/4チキンが45エジプトポンド(約280円)でご飯・野菜・スープ・パンが付いてきて、テーブルがあっという間に埋め尽くされます。ダハブ滞在中に何度通ったかわかりません。笑

こうして長く濃かったダハブ生活を終えたのです。

↑ペーパーテストの勉強に飽きてしまい…携帯の画面はマンガ。笑

この後、タンザニアのザンジバル島でダイビングライセンスを取得したことを早速活かし、2人でダイビングをしました!
BCD(ダイビングの際に身に着ける浮力を調整するもの)をいまだに上手く使いこなすことができない私は、1人海面に浮上することにも慣れてきました…。笑(本当はいけない)
旦那は呆れながら海底から私を眺めております。
blog更新が難しいwi-fi環境ですが、徐々に頑張りますので引き続きよろしくお願いいたします♪

コメント

  1. Orlando より:

    血かな。フロリダの学生時代、海に憧れて大学の授業でPADIを選択しました。その直後に小さな命が身体の中にいることを知り、さすがに体調を考慮してドロップアウト。以来、27年間憧れの資格です。
    Have wonderful diving!

    • nosupacker nosupacker より:

      アウトドア好きは完全に遺伝だと思います。
      世界中の海で潜りまくりたいところですが、嫁さんがあまり海が得意でないので困惑しています。

      • Orlando より:

        Let’s keep diving and climing!!
        自然は私たちにいつも何かを投げかけてる。彼らを目の前にすると、二の句が継げないられずに、あ然とするのみ。畏敬。