【モンゴル】中央モンゴル・遊牧民ツアーに参加!

モンゴル
スポンサーリンク

嫁です。

5泊6日 モンゴルでの民族生活がスタートです。人生の困難をたくさん乗り越えた旅でした笑

今回の記事の前振り、予約編はこちらから。

【2018年】モンゴル・ウランバートルで民族ツアーを予約する方法!
旦那です。やる気と時間があるのでなるべく更新します息切れしない程度に。 ※あとウランバートルのWiFi事情が非常にいいため笑 今日はウランバートル市内を散策しています。 歩く歩く歩く。ちなみにいうと英語がほぼ通じない、そして僕...

IMGP8694

私たちが使った会社は【Golden gobi】。ウランバートルでは大きな会社です。

運転手さんと英語が話せるガイドさんとバンに乗って大移動開始!

運転手さんは体が大きく私たちより遥かに年上かと思っていましたが…24歳。(2人の妻がいて、6人のお子さんのパパです。)

綺麗で若いガイドさんは大学を卒業したばかりの23歳。(もちろん、ガイドさんによってツアーの値段も変わってきます。ベテランならもっともっと高いです)
61FAB91E-1977-477A-8B46-EF35203A4C9E
ウランバートルから少し車を走らせると風景は一変し、田舎道へ。

舗装されていないガタガタな砂道を進み、ゲルの集落が出現してきます。

水道も通ってないため、途中で大量のお水をタンクに汲んで行きます。

この辺りから少々私は不安になっていきます。笑

ひと眠りしている間に気がつくと、大草原!周りには何もなく、放牧されている牛や馬、羊や山羊が悠々と過ごしています。
IMGP8869
IMG_0335
(お花も咲いています♪)

ガイドさんが持ってきている携帯用ガスコンロで、ランチにはサンドイッチやパスタなどを作ってくれます。

風が強いため、トランクを開けて車内でのランチ!

C9D0CD4B-7742-4A5B-8174-B7A2BEEE35F7
(ゲル生活では毎日マトンを使った同じ料理が続くので、この時食べたトマトパスタが日本で食べる1000円以上ものパスタより美味しかったです。)

ゲル生活では水道がないためもちろんシャワーや水洗トイレなどありません。

しかし気が付いたのです。

中途半端にトイレがあるよりネイチャートイレ(青空の下でのトイレ)の方がいい!!ということに。

人生最大の壁を越えました笑

日々一つ一つ壁を越えていきました。

初日は私が木の便座に座れて旦那と喜び。(今までの私では見知らぬ地でのトイレは空中椅子座りでした)

2日目は私がnature toiletを克服できたことに旦那と喜び。

3日目にはあれだけ騒いでいた私が、ハエが飛んでいても気にならなくなったことに旦那と喜びました。

ハエを目で追い、耳を塞いでいた私が、一晩をハエと共に過ごせば、もうハエがいても気にせず着替えをしたりと普通に過ごしていました。笑

なんだか色々なことに大進歩で、自分で自分に驚きです。(私より旦那のがきっと驚いていることでしょう)

持参した洗顔+化粧水シート1枚で全身を拭き、コップ一杯の水で手洗いと歯磨きができます。
IMG_0219
これにて就寝。

夜空には満天の星空。
409688A6-F021-4CBC-BBBA-232B5F6E5121

旦那は毎日寒い中カメラに夢中です。

ある程度食事がとれ、睡眠がとれて、排泄ができる。それだけで生きていくことはできるようです。

広く青い空、大草原を眺め、同じように共存している動物たちがいれば、不思議と貧しい気持ちにはなりませんでした。
IMG_0332
ゲルを一歩出れば・羊・羊の群れです。IMG_0334

FullSizeRender

ストレスなんてなくて。喧嘩もしません。お互いに生きることに精一杯です 笑

あればあるだけ、与えられたら与えられただけ欲しがってしまうけれど、なきゃないでいいようです。

迎え入れてくれたゲルのご家族たちもみんな優しかったです。

モンゴル語なので言葉は通じませんが、ジェスチャーや表情でお互いの気持ちは伝わります。

特に私は子どもと仲良くなれました。
A83466FC-B2EF-4233-A7EB-DD558F204605
EF12A4E1-F6C5-4103-BEDF-2CA6A794E00A
(旦那はこの子に“No!”と言われ、柵の外に追い出されているところです 笑)

動物の糞が料理や暖を取る火の燃料となるため、私も必死の思いで糞をかき集めました。
IMG_0341
(旦那曰く、この時の私が一番輝いていたとか 笑)

ラクダに乗って砂漠へも行きました。

ラクダは臭いというイメージでしたが、そんなことはありませんでした。

ただ、ラクダが走る?スキップ?をしたときに私たち夫婦はお尻が痛くてたまりません 笑
(ラクダのガイドさんはこれを楽しんでいた…ような 笑)
FullSizeRender
モンゴルでは21時近くまで日が沈まず明るいので、夕食を食べたあとも大草原のハイキングができます。

もちろん日中もハイキングをするのですが、ガイドのお姉さんの言うハイキングが…トレッキングの間違いではないかと何でも思いました。笑
IMG_0206
でも美味しい空気と絶景が待っているので、文句は言えません。

運動神経の鈍い私を、運転手さんとガイドさんはいつも優しく手を引いてくれました。

ツアー前半の3日間は遊牧民の方たちと過ごしたとても濃いひと時となりました。

Wi-Fiのない環境の中で、ブログで伝えたいことを日々頭の中で整理していたのですが、なかなか伝えきれません。

この3日間は言葉では説明できないものを自分の身をもって得ることができました。

毎日しごとやにんげんかんけい、何かしらストレスを抱えている皆さん。

この遊牧民のツアーに参加してみてはいかがでしょうか。
IMG_0072
後半編に続きます…

コメント

  1. 旦那 より:

    @中島高子さん
    ご無沙汰してます。さやかが強くなりすぎて怖いです。
    こちらは砂嵐で大変ですよ〜

  2. ski より:

    ひろーーーーーーーーーーい^o^
    大草原を存分に楽しんできてね\(^_^)/=3=3
    もちろん、病気にならないようにね!!!!
    P.S.ヤギのミルクはどうだった?

  3. より:

    @skiさん
    本当に大草原は何もなくひろーーーかったです!
    所々に牛や羊、ゲルが点々としていました!
    ヤギミルクは最初は温かいチャイ茶のようで美味しかったのですが…毎日、朝昼晩とヤギミルクだとちょっと…笑